検索

2020/6/27 近代中央ユーラシア比較法制度史研究会

第14回近代中央ユーラシア比較法制度史研究会のご案内


 新緑の候、お変わりなくご活躍のこととお慶び申し上げます。

 下記の要領で、科研費(基盤研究(B))「近代中央アジアのムスリム家族とイスラー

ム法の社会史的研究」(18H00706、研究代表者:磯貝健一)の助成により、第14回近代

中央ユーラシア比較法制度史研究会を開催いたします。今回は、新型コロナウイルス感

染症拡大防止のため、オンライン会議のかたちで開催いたします。ふるってご参加いた

だきたく、ご案内申し上げます。

 あわせて今後の共同研究についての打ちあわせ会議も行ないます。特に科研費研究の

メンバー、および論集執筆者におかれましては、ご参加いただけますなら幸いに存じま

す。


   記


【研究会】

 日時: 2020年6月27日(土) 14:00~18:00

 場所: オンライン(会議アプリケーションZoom)


  【研究打ちあわせ会議】

   日時: 2020年6月27日(土) 13:00~13:50

   場所: オンライン(会議アプリケーションZoom)


【研究会プログラム】

 14:00~14:20 出席者自己紹介


 14:20~15:40 研究報告1:

  塩野崎信也 氏 (龍谷大学文学部・講師)

  「ロシア帝政期南東コーカサスの離婚裁判:

   2度結婚した後に2度離婚した未婚女性の事例」


 15:50~17:10 研究報告2:

  井上岳彦 氏 (大阪教育大学多文化教育系・特任講師)

  「2つの教団、2つの身分:帝政期カルムィク社会の統治構造」


 17:10~18:00 総合討論

 司会: 磯貝真澄 (東北大学東北アジア研究センター・助教)

  ※研究会終了後にオンライン懇親会を予定しています。


■ご参加の方は、研究会と研究打ちあわせ会議のいずれにつきましても、6月19日(金)

までに事務連絡先にお知らせください。オンライン会議のかたちで開催しますので、そ

のためのご連絡(ZoomのID、パスワード、および資料等について)をいたします。……

事務連絡先:磯貝真澄(isomasu3☆mbe.nifty.com)


連絡先: 磯貝健一 京都大学大学院文学研究科

〒606-8501 京都市左京区吉田本町 E-mail: keisogai1230☆gmail.com


※メールアドレスの☆は半角アットマークに書きかえてご利用ください。


第14回近代中央ユーラシア比較法制度史研究会のご案内_20200627
.pdf
Download PDF • 184KB

最新記事

すべて表示

大会プログラム(2020/11/11)

大会が近づいてまいりましたので「お知らせ」欄にプログラムを掲載します。同一のものは「大会」欄にも掲載されています。 ロシア史研究会大会プログラム ​*「パネル」は会員からの応募、「共通論題」は委員会による企画です ​ 11月14日(土) ​ 10:00~12:00 <パネルA>「日ソ戦争:研究の新視点と新資料」 組織者:富田武(成蹊大学名誉教授) 花田智之(防衛研究所) 「日本の終戦とソ連の参戦:

ZOOM接続リハーサルを実施します(2020/11/3)

オンライン大会の開催が初めての試みであることに鑑み、 11月13日(金)15:00-15:30にzoom接続リハーサルを行います。 参加は任意ですが、必要な方はお気軽にご参加ください。 大会参加登録者に、12日までにお送りするzoomミーティングのリンクを 所定の時間にクリックすれば参加できます。 zoomのソフト、アプリ類をダウンロードする必要はありません。 zoomでの会議参加には、 カメラと

会員有志による日本学術会議任命拒否に対する声明(2020/10/20)

標記の件につき、本研究会の有志39名から以下の声明文の発表がありましたのでお知らせします。 ロシア史研究会会員の有志は、日本学術会議第 181 回総会において採択された「第25 期新規会員任命に関する要望書」(令和2年10月2日付)を支持し、菅総理大臣に対して、任命を拒否した6名につきその理由を明らかにすることとともに、推薦された会員候補全員の任命を速やかに行うことを求めます。

​ロシア史研究会

ロシア史研究会事務局

Japanese society

for the Study of Russian History

〒183-8534

東京都府中市朝日町3-11-1

東京外国語大学 大学院総合国際学研究院

巽研究室気付

tatsumi/あっと/tufs.ac.jp (/あっと/を@に変換してください)

© 2018 by Japanese society for the study of Russian history