​ロシア史研究会について

About us

 

​◆ロシア史研究会について

ロシア史研究会は1956年に創立され、日本で唯一ロシア史を総合的に扱う学会として活動を続けてきました。対象とする地理的領域は、ロシア帝国や、本会創立より長く存在していたソ連邦と重なる地域であり、現在のロシア連邦領域の歴史のみならず、中央アジアやカフカース、ウクライナやベラルーシ、モルドヴァ、バルト諸国の歴史についても引き続き視野に収めています。そのため、本会は日本における伝統的な史学の区分である西洋史学と東洋史学の結節点にもなってきました。

1999年より日本学術会議登録学術研究団体(現在の「協力団体」)、いわゆる「学会」となった本会は、現在、約250名の会員から構成されています。会員の多くは大学などの専門機関で活動する歴史学者や大学院生ですが、地域研究や社会科学、文学・思想研究を主とする研究者も少なからず含まれており、また会社員や編集者、出版者(社)など、様々な人々が集う会となっています。

主な活動としては、年に一回、秋に大会を開催するほか、定期的に例会を開催しています。また、査読誌である『ロシア史研究』を年に2回発行し(発行後3年経過後にJ-Stageで一般公開する規定となっています。リンクは末尾の通りです)、ニューズレターも本会サイトで一般公開する形で年に4回発行しています。

本会は1999年より、ロシア・東欧研究に関係する諸団体のアンブレラ団体である日本ロシア・東欧研究連絡協議会(JCREES)に参加し、近年では、ロシア東欧関連の海外の学会とも連携しながら、多様な学究の場としてさらなる発展を目指しています。

 

『ロシア史研究』電子版リンク(J-Stage)
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/roshiashikenkyu/list/-char/ja

 

​◆ロシア史研究会委員会

​現在の委員会の構成は以下の通りです(2017年10月選出、任期2年)。

高尾千津子(委員長)
鶴見太郎(事務局長)
池田嘉郎(大会企画(主))

松里公孝(編集長)
吉村貴之(会誌編集・大会企画(副))
左近幸村(会誌編集・大会企画(副))
青島陽子(会誌編集)

地田徹朗(会計(会員管理))
油本真理(会計(予算))

山本健三(会計(予算))
浜由樹子(名簿)

河本和子(例会)
ピョートル・ポダルコ(例会)

井上岳彦(ニューズレター)
畔栁千明(ニューズレター)

<監査>
塩川伸明
藤本和貴夫

​◆『ロシア史研究』投稿規程

投稿規程(2017年10月14日改正)

 

・『ロシア史研究』は、ロシア史研究を推進し発展させることを使命とした学術誌である。投稿資格者は、1.ロシア史研究会会員、2.編集委員会が投稿を依頼した非会員、3.所定の投稿料を払う非会員である。投稿料は、これを別に定める。

・論文は400字詰め原稿用紙で80枚以内、研究ノートおよび史料紹介は50枚以内、研究動向および書評論文は40枚以内、書評は20枚以内、新刊紹介は1100字以内とする。図表等も字数制限の対象とする。

・論文および研究ノートについては、投稿時に要旨(800字程度)を付すこと。

・原稿の採否は所定の手続きにもとづく審査の上、編集部が決定する。

・『ロシア史研究』に掲載された論文等の著作権(=著作財産権、Copyright)はロシア史研究会に帰属する。

・投稿原稿は未発表のものに限る。ただし、以下で示すような媒体に既発表の文献(著作権が著者にあるか、転載の許諾が得られるもの)と内容面で重なるものを改作して投稿する場合はこれを妨げないが、必ず投稿原稿内でその旨断ること。

  1.未公刊の学位論文や各種研究プロジェクトの報告論文

  2.本会や他学会の大会・研究会・国際会議等の予稿集

  3.入手面、特に言語的問題で会員の大半が利用困難な国外の雑誌

・投稿先および投稿などに関する問い合わせは、当該時の『ロシア史研究』編集長に行うこと。

 

付記事項

・投稿は随時受理する。11月発行予定の奇数号の締め切りは6月10日、5月発行予定の偶数号の締め切りは1月10日とする。投稿・問い合わせ先は次の通り。

 〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学大学院法学政治学研究科 松里公孝研究室(気付) 電子メール:kim<at>j.u-tokyo.ac.jp

・投稿は、原則として電子メール(添付ファイル)によること。ワープロソフトは「マイクロソフトワード」が望ましい。手書き原稿は受け付けない。

・原稿は縦書きとする。

・原稿には所定事項のメモを添えること。所定事項のメモには、(1)執筆者氏名(日本語およびロシア語)、(2)論文・研究ノートの題名(日本語およびロシア語)、(3)所属、(4)連絡先(初校送付先住所、電話番号、メールアドレス)、(5)400字詰め原稿用紙での換算枚数、(6)原稿作成ソフト名とバージョン、(7)論文・研究ノートの日本語要旨(800字程度)、を明記すること。

・掲載が決定した論文および研究ノートには、200語以内の欧文レジュメ(英語またはロシア語)を付すこと。

​◆ロシア史研究会規約

ロシア史研究会規約
 

(1985年11月9日改正・1997年10月25日改正・2007年11月10日改正)

 第1条 本会はロシア史研究会と称する。

 第2条 本会はロシア・ソヴェト史研究の向上・発展を目指し、会員相互の研究およびその成果の発表、及び親睦をはかることをもって目的とし、以下の事業を行う。

  1. 機関誌『ロシア史研究』の発行、

  2. 年1回の研究大会の開催、

  3. 随時、研究例会の開催、

  4. その他、本会の目的に沿う事業。

 第3条 本会は原則としてロシア・ソヴェト史研究に従事する者をもって構成される。

 第4条 総会は年1回開催する。総会は本会運営の最高の議決機関であって、全会員の5分の1によって成立する。

 第5条 本会には会長1名をおくことができる。

 第6条 本会には研究会の運営に当たる、委員15名からなる委員会をおく。

 第7条

  1. 委員のうち10名は総会において選出する。委員は委員長を互選する。委員会は必要に応じて5名以内の委員を補充することができる。

  2. 委員の任期は2年とし、連続4年をこえることはできない。また、委員の通算任期が6期の倍数に達した者は、その任期満了直後から2期の間、委員になることができない。

  3. 委員長は本会を代表し、委員会を主宰する。委員は委員会の定めるところに従い機関誌の編集、研究大会、例会の開催、会計等の会務を分担する。

 第8条 本会には会計監事2名をおく。

  1. 会計監事は総会において選出する。委員は会計監事を兼ねることはできない。

  2. 会計監事の任期は2年とし、連続4年をこえることはできない。

  3. 会計監事は会計監査に当たる。

 第9条 委員及び会計監事の選出の方法は別に定める。

 第10条 会員は会費を納入する。会費の額は総会において決定する。

 第11条 会計年度は9月1日より翌年8月31日とする

 第12条 規約の改正は総会において決定する。

付則:第7条第2項後段は2007年度総会における委員選挙から施行する。但し、経過措置として、その時点までに通算6期以上つとめた者については、「その任期満了直後から」の文言にかかわらず、2007年選挙および2009年選挙において選出対象から除外する。

会計所在地:名古屋外国語大学世界共生学部

〒470-0197 愛知県日進市岩崎町竹ノ山57
名古屋外国語大学世界共生学部 地田徹朗研究室 

◆休会制度内規

休会制度内規 (内規ですが、会員の便宜のために記します)


(2007年4月3日制定・2007年11月10日改正・2014年12月6日改正・2017年10月14日改正)

1. 一定期間、通常の会員としての資格を停止することを望む会員は、原則として休会開始年度の前年度末(8月31日)までに、委員会にその旨届け出ることにより休会することができる。休会は原則として年度単位で、4年を限度に更新できる。その期間を経たのちも復帰しない場合は退会扱いとなる(その後の再入会は妨げない)。また、原則として、復帰後、2年が過ぎるまでは次の休会は認められない。

2. 休会期間中は会費を徴収しない。

3. 休会中の会員には雑誌、ニューズレター、例会通知を送付しない。但し、電子メールで例会通知を受けとっている者については、そのアドレスを送付先リストから削除することはしない。

4. 会員名簿には休会中の会員も記載する。但し、総会成立要件としての定足数算出に当たっては、会員総数に参入しない。

5. 休会していた会員が通常の会員に復帰したいと思うときは、委員会にその旨届け出ることで復帰することができる。

6. 休会中の会員は、委員・監事の選挙権・被選挙権を持たないこととする

入会手続き・会費について

<入会手続き>


ロシア史研究会への入会を希望される方は、氏名・所属・連絡先(メールと会誌等送付先住所ほか、名簿に記載を希望する場合は電話番号なども)・研究テーマ(10字~50字程度)を、事務局までメールまたは郵便で連絡ください(事務局の連絡先はこのHPのトップにあります)。お知らせいただいた連絡先に、名簿担当委員もしくは会計担当委員から会費振込みなどに関する案内が行きます。

会費の入金が確認できた時点で入会となり、名簿と『ロシア史研究』最新号をお送りいたします。

なお、本会は毎年、9月1日から新年度となりますので、ご入会のタイミングとしてご一考ください(早めにお申し込みいただいても結構ですし、遡っての入会も可能です)。

 


<年会費>


年会費は、常勤職にある場合は8000円、そうでない場合は4000円です。

不明な点があれば、事務局までご遠慮なくお問い合わせください。

​◆雑誌会員

雑誌会員

ロシア史研究会が発行する学術雑誌『ロシア史研究』を購入するだけの「雑誌会員」となることができます。年会費は3,000円です。『ロシア史研究』は定価1,500円で年2回の刊行です。雑誌会員についての問い合わせや申し込みは、事務局宛にお願いします。

 
 
 
 
 
 

​ロシア史研究会

Japanese society

for the Study of Russian History

© 2018 by Japanese society for the study of Russian history

〒153-8902

東京都目黒区駒場3-8-1 東京大学大学院

総合文化研究科地域文化研究専攻

鶴見研究室気付

taro_tsurumi/あっと/yahoo.co.jp (/あっと/を@に変換してください)

ロシア史研究会事務局