検索

WINEオンライン・シンポジウム「ロシア・ウクライナ戦争と歴史学」のご案内(2022/5/2)

5月14日開催予定のWINEオンライン・シンポジウム「ロシア・ウクライナ戦争と歴史学」のお知らせが届きましたので、以下にご案内いたします。


******************


早稲田大学ナショナリズム・エスニシティ研究所(Waseda Institute of the Study for Nationalism and Ethnicity, 略称WINE)のオンライン・シンポジウム(第11回研究会)のお知らせです。


去る2月24日に始まったロシアによるウクライナ侵攻を重く受けとめまして、「ロシア・ウクライナ戦争と歴史学」と題する公開オンライン・シンポジウムを開催致します。


本件を歴史学・ロシア史研究にひきつけて、早くから発信しつづけた池田嘉郎さん(WINE招聘研究員、東京大学)に登壇いただきます。 これに対して、青島陽子さん(WINE招聘研究員、北海道大学)にロシア帝国史の見地から、篠原琢さん(WINE招聘研究員、東京外国語大学)には20世紀中欧史の観点からコメント頂きます。

開催概要

  • 演   題:「ロシア・ウクライナ戦争と歴史学」

  • 日   時:2022年5月14日(土)14:00~17:00

  • 開催方法:Zoomウェビナー

  • 使用言語:日本語

タイムスケジュール

開会の辞:14:00~14:10

中澤達哉(WINE所長、早稲田大学)

報告:14:10~14:50(40分)

池田嘉郎(WINE招聘研究員、東京大学) 「ロシア・ウクライナ戦争と日本のロシア史研究の省察」

  • 休憩:14:50~15:00(10分)

コメント1:15:00~15:15(15分)

青島陽子(WINE招聘研究員、北海道大学) 「ロシア帝国の歴史から」

コメント2:15:15~15:30(15分)

篠原琢(WINE招聘研究員、東京外国語大学) 「中央ヨーロッパの20世紀史から考える」

リプライ:15:30~15:40(10分)

池田嘉郎(WINE招聘研究員、東京大学)

  • 休憩:15:40〜15:55(15分)

リプライ(フロアへ):15:55~16:10(15分)

池田嘉郎(WINE招聘研究員、東京大学)

総合討論:16:10~16:55(45分)
  • 閉会:17:00

参加申し込み

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScmnJaHX85AP9DHhiQHoLyrPGPxF0Ko4RsnpXMYrquixDfzuw/viewform

より事前登録をお願いいたします。 *多数の参加が見込まれます。視聴申込はお早めにお願い致します。 *登録情報に基づき、講演会の2日前までに、主催者の中澤からZoomURL、レジュメを配信致します。


最新記事

すべて表示

2022年度大会(10月15・16日)の参加登録を開始しました。 参加をご希望の会員は、本サイトの「大会」ページに掲載された登録フォームより お申込みください。 非会員の方の参加申し込みは10月1日から10月7日の予定です。

本サイトの「大会」ページに、2022年10月15・16日に開催される大会のプログラムを掲載しました。また、「刊行物」ページには、大会関連情報を収録したニューズレター127号をアップしました。ご確認ください。 本年度大会は、法政大学市ヶ谷キャンパスを会場としたハイブリッド開催です。会員の参加登録は、9月20日に開始予定です。非会員の方は、会場定員に余裕がある場合、事前に申込み、法政大学会場で参加費