検索

Vera Tolz氏講演会のお知らせ

来る4月に2つの講演会を開催いたします。事前予約は不要ですので、ご関心のある多くの方にご来聴いただければ幸いです。

(1)

ヴェーラ・トルツ

‘Reframing Russia for the Global Mediasphere: From the Cold War to the 'Information War'?’

コメント:巽由樹子

4月7日(日)13:30--15:30

早稲田大学・早稲田キャンパス 14号館407

使用言語:英語

(2)

ヴェーラ・トルツ

‘Hybrid memory regime’ in a neo-authoritarian state: Commemorating the 1917 revolution for Russian and overseas audiences.’ コメント:塩川伸明、高橋沙奈美 4月17日(水)13:30--16:00 東京外国語大学・府中キャンパス 研究講義棟4階 海外事情研究所 使用言語:英語

Prof. Vera Tolz (The University of Manchester)は、東方を包摂したロシア帝国のイメージの形成を論じたRussia's own Orient : the Politics of Identity and Oriental Studies in the Late Imperial and Early Soviet Periods (Oxford University Press, 2011)で知られる歴史家です。現代情勢への関心も深く、Lohr, E., Semyonov, A. & Tolz, V. (eds.), The Empire and Nationalism at War (Slavica Press, 2014)でプーチン・ロシアの「記憶の政治、歴史の政治」を論じるとともに、現在、英国で'Reframing Russia'という現代ロシアのメディア分析の研究プロジェクトを進めています。上記の講演では、このプロジェクトの内容の紹介とともに、表象、記憶、情報と文化の戦争が注目される情勢下での、ロシアの歴史的イメージ形成とメディア言説の関係が論じられる予定です。

主催:科研(基盤B)「ロシア・ウクライナ・ベラルーシの交錯―東スラヴ文化圏の領域横断的研究」(代表・沼野恭子) 共催(4/7):早稲田大学ロシア研究所 連絡先:巽(東京外国語大学) tatsumi<アット>tufs.ac.jp

最新記事

すべて表示

大会プログラム(2020/11/11)

大会が近づいてまいりましたので「お知らせ」欄にプログラムを掲載します。同一のものは「大会」欄にも掲載されています。 ロシア史研究会大会プログラム ​*「パネル」は会員からの応募、「共通論題」は委員会による企画です ​ 11月14日(土) ​ 10:00~12:00 <パネルA>「日ソ戦争:研究の新視点と新資料」 組織者:富田武(成蹊大学名誉教授) 花田智之(防衛研究所) 「日本の終戦とソ連の参戦:

ZOOM接続リハーサルを実施します(2020/11/3)

オンライン大会の開催が初めての試みであることに鑑み、 11月13日(金)15:00-15:30にzoom接続リハーサルを行います。 参加は任意ですが、必要な方はお気軽にご参加ください。 大会参加登録者に、12日までにお送りするzoomミーティングのリンクを 所定の時間にクリックすれば参加できます。 zoomのソフト、アプリ類をダウンロードする必要はありません。 zoomでの会議参加には、 カメラと

会員有志による日本学術会議任命拒否に対する声明(2020/10/20)

標記の件につき、本研究会の有志39名から以下の声明文の発表がありましたのでお知らせします。 ロシア史研究会会員の有志は、日本学術会議第 181 回総会において採択された「第25 期新規会員任命に関する要望書」(令和2年10月2日付)を支持し、菅総理大臣に対して、任命を拒否した6名につきその理由を明らかにすることとともに、推薦された会員候補全員の任命を速やかに行うことを求めます。

​ロシア史研究会

ロシア史研究会事務局

Japanese society

for the Study of Russian History

〒183-8534

東京都府中市朝日町3-11-1

東京外国語大学 大学院総合国際学研究院

巽研究室気付

tatsumi/あっと/tufs.ac.jp (/あっと/を@に変換してください)

© 2018 by Japanese society for the study of Russian history