検索

JCREESによる出版補助について

最終更新: 2019年1月10日

JCREESより以下のお知らせが届きましたので掲載いたします。


2018年5月7日


JCREESによる出版補助について


JCREES幕張大会の余剰金を原資として、同大会報告を基礎とする図書出版について、以下の要領で補助金を支給することにします。


1. 図書はICCEES幕張大会報告を基礎として英文で出版される図書とする。

2. すでに出版計画があり、出版を前提とする原稿の作成や編集が一定程度、進行していること。

3. 補助の対象は英文校正にかかる費用の一部分とする。

4. 補助金は全体で100万円程度とし、その範囲で審査のうえ、配分する。

5. 申請は5月末までとし、審査はJCREESの幹事会で行う。


申請者は次の事項を記した申請書をJCREESの事務局にメールで送るものとする。書式は自由とする。


1. 申請者の名前、住所、メールアドレス

2. 出版物のタイトルと内容の要約

3. 出版予定の出版社名

4. 編者名と著者名

5. 幕張大会報告と出版物の内容の具体的な関係

6. 英文校正に要する費用全体の見込み。もしあれば見積などのコピーをあわせて添付すること。


申請先

北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター

JCREES事務局

E-mail: src@slav.hokudai.ac.jp


なお、この件についての問い合わせは代表幹事の林忠行(hayashid<あっと>kyoto-wu.ac.jp)までお願いします。

最新記事

すべて表示

2021年度大会について(2021/3/1)

2021 年度大会は 10月23・24日の両日、ZOOMを用いてオンラインで開催します。 「大会」ページに自由論題・パネルの応募用紙を掲載しました。

大会プログラム(2020/11/11)

大会が近づいてまいりましたので「お知らせ」欄にプログラムを掲載します。同一のものは「大会」欄にも掲載されています。 ロシア史研究会大会プログラム ​*「パネル」は会員からの応募、「共通論題」は委員会による企画です ​ 11月14日(土) ​ 10:00~12:00 <パネルA>「日ソ戦争:研究の新視点と新資料」 組織者:富田武(成蹊大学名誉教授) 花田智之(防衛研究所) 「日本の終戦とソ連の参戦:

ZOOM接続リハーサルを実施します(2020/11/3)

オンライン大会の開催が初めての試みであることに鑑み、 11月13日(金)15:00-15:30にzoom接続リハーサルを行います。 参加は任意ですが、必要な方はお気軽にご参加ください。 大会参加登録者に、12日までにお送りするzoomミーティングのリンクを 所定の時間にクリックすれば参加できます。 zoomのソフト、アプリ類をダウンロードする必要はありません。 zoomでの会議参加には、 カメラと

​ロシア史研究会

ロシア史研究会事務局

Japanese society

for the Study of Russian History

〒183-8534

東京都府中市朝日町3-11-1

東京外国語大学 大学院総合国際学研究院

巽研究室気付

tatsumi/あっと/tufs.ac.jp (/あっと/を@に変換してください)

© 2018 by Japanese society for the study of Russian history