検索

講演会「東欧におけるシナゴーグ」のお知らせ


Vladimir Levin氏講演会「東欧におけるシナゴーグ:建築を超えて」開催のお知らせ


ポスター:Levin_lecture.png


このたび、エルサレム・ヘブライ大学ユダヤ芸術センターより、ヴラディーミル・レヴィン氏をお招きし、ロシア東欧地域におけるシナゴーグに関するご講演をいただきます。レヴィン氏は20世紀初頭のロシア帝国における、宗教勢力を含むユダヤ政治に関する研究で博士号(ヘブライ大学)を取得されており、当該地域の歴史的文脈の中で、ユダヤ教における物理的中心であるにもかかわらず、ほとんど研究がないシナゴーグに関してお話しいただきます。使用言語は英語ですが、質疑応答時には簡単な通訳が可能です。


日時:2月12日(月・祝)15:00-18:00


場所:東京大学駒場Ⅰキャンパス2号館*3階308会議室(目黒区駒場3-8-1)

※土日祝日は「正面玄関」の自動ドアは施錠されています。


開始10分前から担当者をドア付近に待機させますが、開始後は壁にかかっている内線電話から「46507」に電話をかけていただければ解錠に伺います。


駒場キャンパスの最寄り駅は京王井の頭線「駒場東大前」駅です。


駒場アクセスマップ

http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map02_02_j.html

および駒場キャンパスマップ

http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_02_j.html

をご参照ください。


2号館は、正門を入ってロータリーから左方向に進み、900番教室の脇を通り過ぎてさらに先に進むと、右手に2号館の裏側が現れます。土日祝日は横の入り口は閉鎖されていますので、さらに進んでグラウンド側から建物の正面(北側)に回ってください。なお、駒場東大前駅の「西口」付近の「坂下門」から入るのが近道になります。


主催:科学研究費補助金若手研究(A)「ロシア史のなかのイスラエル」

共催:日本ユダヤ学会

連絡先:鶴見太郎 taro_tsurumi@yahoo.co.jp




最新記事

すべて表示

大会プログラム(2020/11/11)

大会が近づいてまいりましたので「お知らせ」欄にプログラムを掲載します。同一のものは「大会」欄にも掲載されています。 ロシア史研究会大会プログラム ​*「パネル」は会員からの応募、「共通論題」は委員会による企画です ​ 11月14日(土) ​ 10:00~12:00 <パネルA>「日ソ戦争:研究の新視点と新資料」 組織者:富田武(成蹊大学名誉教授) 花田智之(防衛研究所) 「日本の終戦とソ連の参戦:

ZOOM接続リハーサルを実施します(2020/11/3)

オンライン大会の開催が初めての試みであることに鑑み、 11月13日(金)15:00-15:30にzoom接続リハーサルを行います。 参加は任意ですが、必要な方はお気軽にご参加ください。 大会参加登録者に、12日までにお送りするzoomミーティングのリンクを 所定の時間にクリックすれば参加できます。 zoomのソフト、アプリ類をダウンロードする必要はありません。 zoomでの会議参加には、 カメラと

会員有志による日本学術会議任命拒否に対する声明(2020/10/20)

標記の件につき、本研究会の有志39名から以下の声明文の発表がありましたのでお知らせします。 ロシア史研究会会員の有志は、日本学術会議第 181 回総会において採択された「第25 期新規会員任命に関する要望書」(令和2年10月2日付)を支持し、菅総理大臣に対して、任命を拒否した6名につきその理由を明らかにすることとともに、推薦された会員候補全員の任命を速やかに行うことを求めます。

​ロシア史研究会

ロシア史研究会事務局

Japanese society

for the Study of Russian History

〒183-8534

東京都府中市朝日町3-11-1

東京外国語大学 大学院総合国際学研究院

巽研究室気付

tatsumi/あっと/tufs.ac.jp (/あっと/を@に変換してください)

© 2018 by Japanese society for the study of Russian history