top of page
検索

講演会「近代中央ユーラシアの啓蒙とイスラーム」 (7/10)のご案内

講演会「近代中央ユーラシアの啓蒙とイスラーム」


日時:2023年7月10日(月)15:00~17:00 


講演者・講演題目:


  帯谷知可(京都大学東南アジア地域研究研究所教授)


   「19世紀末から20世紀初頭のイスラーム的男女平等論とその広がり」


  小松久男(東京大学名誉教授)


   「啓蒙の戦略と射程ージャディード知識人の著作から」


会場:大阪公立大学杉本キャンパス 学術情報総合センター1階 文化交流室 (キャンパスマップ11番)



*対面のみ


*会場準備の都合上、参加ご希望の方は、7月5日までに、mhamamoto/アットマーク/omu.ac.jp (/アットマーク/を@に変換してください)濱本宛にメールでお申し込みください。


主催:大阪公立大学大学院文学研究科東洋史学専修


共催:科研費基盤研究(A)「啓蒙・物語・陰謀:18世紀ヨーロッパの社会変化に関するナラティヴ論的比較研究」(代表 齋藤渉(東京大学)課題番号 21H04340)


   大阪公立大学大学院文学研究科都市文化研究センター


お問い合わせ:mhamamoto/アット/omu.ac.jp (/アット/を@に変換してください) 担当:濱本真実


最新記事

すべて表示

北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター2023年度冬期国際シンポジウム"Bordrers, Boundaries and War across Eurasia"のご案内

北海道大学スラブ・ユーラシア研究センターは、2023年度冬期国際シンポジウム"Bordrers, Boundaries and War across Eurasia: Cycles of Violence and Resilience"を下記のように開催いたします。 日時:2023年12月7日(木)~8日(金) 開催方法:対面・オンラインのハイブリッド開催 詳細:https://src-h.sla

シンポジウム「ファシズム・ナチズム・スターリニズム――20世紀『非リベラル』諸体制の歴史的把握をめぐって」のご案内

2023年度 西洋史研究会大会共通論題企画 「ファシズム・ナチズム・スターリニズム―― 20世紀『非リベラル』諸体制の歴史的把握をめぐって」 日時:2023年11月19日(日)10:00~17:00(途中休憩あり) 形態:オンライン開催(ZOOM使用) 【司会・趣旨説明】 ・浅岡善治(東北大学) 【基調報告】 ・小山吉亮(神奈川大学)「イタリア・ファシズムと『不完全 な全体主義』――『現存した全体

bottom of page