top of page
検索

東欧史研究会大会のご案内

〇日時:4月20日(土)13時開場、13時半開始

〇場所:立教大学池袋キャンパス11号館A203教室

〇大会タイトル「いま、東欧史研究の可能性を問う  ー体制転換から30年を経てー」

〇報告

 ・中澤達哉 氏 「「東欧史」研究を考えるー過去・現状・展望ー」

 ・福田宏 氏 「東欧の虚実 ―― 西欧の影と社会主義の遺産、あるいは中欧の亡霊」

 ・藤嶋亮 氏 「戦間期東欧政治史への/からの問いかけ」

〇コメント:小田中直樹 氏、青島陽子 氏

最新記事

すべて表示

北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター2023年度冬期国際シンポジウム"Bordrers, Boundaries and War across Eurasia"のご案内

北海道大学スラブ・ユーラシア研究センターは、2023年度冬期国際シンポジウム"Bordrers, Boundaries and War across Eurasia: Cycles of Violence and Resilience"を下記のように開催いたします。 日時:2023年12月7日(木)~8日(金) 開催方法:対面・オンラインのハイブリッド開催 詳細:https://src-h.sla

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page