検索

東欧史研究会大会のご案内

〇日時:4月20日(土)13時開場、13時半開始

〇場所:立教大学池袋キャンパス11号館A203教室

〇大会タイトル「いま、東欧史研究の可能性を問う  ー体制転換から30年を経てー」

〇報告

 ・中澤達哉 氏 「「東欧史」研究を考えるー過去・現状・展望ー」

 ・福田宏 氏 「東欧の虚実 ―― 西欧の影と社会主義の遺産、あるいは中欧の亡霊」

 ・藤嶋亮 氏 「戦間期東欧政治史への/からの問いかけ」

〇コメント:小田中直樹 氏、青島陽子 氏

最新記事

すべて表示

大阪公立大学文学研究科都市文化研究センターは、科研費基盤研究(A)「近世ユーラシアの宗教アイデンティティ:グローバル多元主義と地域大国主義の相克」(研究代表者:守川知子)、および北海道大学スラブ・ユーラシア研究センターと共催で、Michael Khodarkovsky教授をお招きした講演会を開催いたします。 多くの皆様のご参加をお待ちしております。 **** M. Khodarkovsky