top of page
検索

東欧史研究会大会のお知らせ

東欧史研究会より以下のお知らせをいただきました。


 

東欧史研究会は4月22日(土)に、今年度大会を、「宗派化と世俗化――東欧から問い直す」をテーマに開催いたします。

隣接地域をご研究されている皆様とともに議論を深めることができれば幸いに存じます。


                     記


大会テーマ「宗派化と世俗化――東欧から問い直す」



                   小山哲 氏


「多宗派の共和国――近世ポーランド・リトアニアにおける諸宗派共存体制とその変容」


                   渡邊昭子 氏


「19世紀のハンガリーでは、宗教・教会の何が変わったのか」


                   米岡大輔 氏


「帝国統治への抵抗と順応――ハプスブルクとボスニアのイスラーム」


コメント:踊共二 氏、飯尾唯紀 氏



日時・場所:2017年4月22日(土)13時半より 明治学院大学 白金校舎 3号館地下1階3102教室


会場アクセス

◎JR品川駅(高輪口)より都営バス「目黒駅前」行きに乗り「明治学院前」下車、または徒歩17分

◎JR目黒駅(東口)より都営バス「大井競馬場前」行きに乗り「明治学院前」下車、または徒歩20分

◎東京メトロ南北線/都営地下鉄三田線白金台駅(2番出口)、同白金高輪駅(1番出口)、都営地下鉄浅草線高輪台駅(A2番出口)より徒歩7分


3号館はバス停前の正門を入って左手、チャペルの次の扇型の建物です。


東欧史研究会ウェブサイト:https://sites.google.com/site/tououshi/

最新記事

すべて表示

北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター2023年度冬期国際シンポジウム"Bordrers, Boundaries and War across Eurasia"のご案内

北海道大学スラブ・ユーラシア研究センターは、2023年度冬期国際シンポジウム"Bordrers, Boundaries and War across Eurasia: Cycles of Violence and Resilience"を下記のように開催いたします。 日時:2023年12月7日(木)~8日(金) 開催方法:対面・オンラインのハイブリッド開催 詳細:https://src-h.sla

シンポジウム「ファシズム・ナチズム・スターリニズム――20世紀『非リベラル』諸体制の歴史的把握をめぐって」のご案内

2023年度 西洋史研究会大会共通論題企画 「ファシズム・ナチズム・スターリニズム―― 20世紀『非リベラル』諸体制の歴史的把握をめぐって」 日時:2023年11月19日(日)10:00~17:00(途中休憩あり) 形態:オンライン開催(ZOOM使用) 【司会・趣旨説明】 ・浅岡善治(東北大学) 【基調報告】 ・小山吉亮(神奈川大学)「イタリア・ファシズムと『不完全 な全体主義』――『現存した全体

bottom of page