検索

早稲田大学ロシア文学会2018年度秋季公開講演会のお知らせ

早稲田大学ロシア文学会では、2019年1月26日(土)に2018年度秋季公開講演会を開催いたします。今回は、「―「チェコスロヴァキア」という名称をめぐって―」と題して、今年度末で早稲田大学を定年退職される政治経済学術院教授の長與進先生に、また「チェコスロヴァキア主義・チェコスラヴ主義・スラヴ主義再考―主権国家論・礫岩国家論の視座」と題して早稲田大学文学学術院教授の中澤達哉先生にご講演いただきます。

なお、講演会の後には懇親会も予定しておりますので、講演会ともども皆様のご参加を心よりお待ちしております。


●講演会 

 日時  2019年1月26日(土)午後15時‐17時30分

 会場  早稲田大学文学学術院(文学部キャンパス)36号館5階581教室

●講演者

長與進先生(早稲田大学政治経済学術院教授)

「―「チェコスロヴァキア」という名称をめぐって―」

  中澤達哉先生(早稲田大学文学学術院教授)

「チェコスロヴァキア主義・チェコスラヴ主義・スラヴ主義再考 ―主権国家論・礫岩国家論の視座」

●懇親会

  日時     同日午後18時00分より

  場所     アットン(東西線早稲田駅より徒歩15分、

         都電荒川線早稲田駅より徒歩2分)

  Tel.: 03-3205₋8267

  会費 4000円(但し学部生・院生は2000円)

最新記事

すべて表示

大阪公立大学文学研究科都市文化研究センターは、科研費基盤研究(A)「近世ユーラシアの宗教アイデンティティ:グローバル多元主義と地域大国主義の相克」(研究代表者:守川知子)、および北海道大学スラブ・ユーラシア研究センターと共催で、Michael Khodarkovsky教授をお招きした講演会を開催いたします。 多くの皆様のご参加をお待ちしております。 **** M. Khodarkovsky