検索

早稲田大学ロシア文学会2018年度秋季公開講演会のお知らせ

早稲田大学ロシア文学会では、2019年1月26日(土)に2018年度秋季公開講演会を開催いたします。今回は、「―「チェコスロヴァキア」という名称をめぐって―」と題して、今年度末で早稲田大学を定年退職される政治経済学術院教授の長與進先生に、また「チェコスロヴァキア主義・チェコスラヴ主義・スラヴ主義再考―主権国家論・礫岩国家論の視座」と題して早稲田大学文学学術院教授の中澤達哉先生にご講演いただきます。

なお、講演会の後には懇親会も予定しておりますので、講演会ともども皆様のご参加を心よりお待ちしております。


●講演会 

 日時  2019年1月26日(土)午後15時‐17時30分

 会場  早稲田大学文学学術院(文学部キャンパス)36号館5階581教室

●講演者

長與進先生(早稲田大学政治経済学術院教授)

「―「チェコスロヴァキア」という名称をめぐって―」

  中澤達哉先生(早稲田大学文学学術院教授)

「チェコスロヴァキア主義・チェコスラヴ主義・スラヴ主義再考 ―主権国家論・礫岩国家論の視座」

●懇親会

  日時     同日午後18時00分より

  場所     アットン(東西線早稲田駅より徒歩15分、

         都電荒川線早稲田駅より徒歩2分)

  Tel.: 03-3205₋8267

  会費 4000円(但し学部生・院生は2000円)

最新記事

すべて表示

2021年度大会について(2021/3/1)

2021 年度大会は 10月23・24日の両日、ZOOMを用いてオンラインで開催します。 「大会」ページに自由論題・パネルの応募用紙を掲載しました。

大会プログラム(2020/11/11)

大会が近づいてまいりましたので「お知らせ」欄にプログラムを掲載します。同一のものは「大会」欄にも掲載されています。 ロシア史研究会大会プログラム ​*「パネル」は会員からの応募、「共通論題」は委員会による企画です ​ 11月14日(土) ​ 10:00~12:00 <パネルA>「日ソ戦争:研究の新視点と新資料」 組織者:富田武(成蹊大学名誉教授) 花田智之(防衛研究所) 「日本の終戦とソ連の参戦:

ZOOM接続リハーサルを実施します(2020/11/3)

オンライン大会の開催が初めての試みであることに鑑み、 11月13日(金)15:00-15:30にzoom接続リハーサルを行います。 参加は任意ですが、必要な方はお気軽にご参加ください。 大会参加登録者に、12日までにお送りするzoomミーティングのリンクを 所定の時間にクリックすれば参加できます。 zoomのソフト、アプリ類をダウンロードする必要はありません。 zoomでの会議参加には、 カメラと