検索

日本学術会議地域研究基盤強化分科会の提言

日本学術会議 地域研究委員会 地域研究基盤強化分科会が、提言「不透明化する世界と地域研究の推進:ネットワーク化による体制の強化に向けて」を発出しました。


「昨今の激動する世界状況において、日本における地域研究が重要性を高めているにもかかわらず様々な困難に直面しているという危機感にもとづき、ネットワーク化による研究教育推進体制の構築を提案する」という趣旨で、地域研究人材養成体制、社会貢献と情報発信、研究資源の共同利用体制、持続性のある地域研究推進体制などの強化を提言しています。


ロシア史研究会会員をはじめ、関係する諸方面の皆様に、ぜひご一読のうえ認識を共有していただければ幸いです。


提言へのリンク

http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-24-t295-4.pdf


最新記事

すべて表示

【重要】2020年度ロシア史研究会 年次大会はオンライン開催

新型コロナウイルスの感染状況に鑑み、 2020年度大会はzoomを用いたオンライン開催といたします。 日程は2020年11月14日(土)・15日(日)で変更ありません。 タイムテーブルは、本サイト「大会」欄およびニューズレター118号に 掲載した通りです。 本大会は会員・非会員に公開します。(総会を除く) 参加希望の方は事前登録をお願いいたします。 登録方法は、後日、本サイトでお知らせします。 大

2020/6/27 近代中央ユーラシア比較法制度史研究会

第14回近代中央ユーラシア比較法制度史研究会のご案内 新緑の候、お変わりなくご活躍のこととお慶び申し上げます。 下記の要領で、科研費(基盤研究(B))「近代中央アジアのムスリム家族とイスラー ム法の社会史的研究」(18H00706、研究代表者:磯貝健一)の助成により、第14回近代 中央ユーラシア比較法制度史研究会を開催いたします。今回は、新型コロナウイルス感 染症拡大防止のため、オンライン会議のか

2020/6/19 北大スラ研オンライン講演会のお知らせ

昨今の状況に鑑みまして、スラブ・ユーラシア研究センターは公開講演会をオンライン発信することにしました。早速、6月19日に次のような会を開催します。 日時 2020年6月19日(金)18:30-20:00 演題 ロシア革命と中東:ある革命家の軌跡 講師 長縄宣博 会場 オンライン講演会(Zoom会議) スラ研の活動をこれまで以上に身近なものとする試みの一歩です

​ロシア史研究会

Japanese society

for the Study of Russian History

〒183-8534

東京都府中市朝日町3-11-1

東京外国語大学 大学院総合国際学研究院

巽研究室気付

tatsumi/あっと/tufs.ac.jp (/あっと/を@に変換してください)

ロシア史研究会事務局

© 2018 by Japanese society for the study of Russian history