検索

ワークショップのお知らせ

研究会「ロシア帝国における出版メディアとネットワーク」


ワークショップ

近代化の時代における宗教、教育、リテラシイ

Religion, Education, and Literacy in the Age of Modernization


19 世紀後半-20 世紀初頭の出版メディアをめぐっては、黙読や小説の普及など、「近代読者」の世俗性にしばしば焦点があてられる。 だが近年の研究は、リテラシイ普及の背景をなした教育に、信仰が大きな影響を及ぼしていたことを示唆している。本ワークショップは、ロシアのイスラームおよび正教、フランスのカトリック、中国のプロテスタントを事例に、その様相を比較考察することを狙いとする。


日時:2017 年 9 月 18 日(月・祝) 13:30-17:00

会場:東京大学駒場Iキャンパス 2 号館 3 階 308 号室

※土日祝日は正面玄関の自動ドアは施錠されています。開始 10 分前から担当者をドア付近に待機させます。開始後は壁にかかっている内線電話から「46507」に電話をかけてください。


使用言語:英語、日本語;予約不要


≪報告者≫

前田更子(明治大学)

「信仰とライシテとともに--20 世紀前半フランスの女性教師たち」

“With Faith and “Laïcité" : Women Teachers in the First Half of 20th-Century France”


巽由樹子(東京外国語大学)

「19 世紀後半ロシアにおける宗教とメディア-正教ジャーナリスト A. ポポヴィツキーの事例から」

“Religion and Media in Late 19th-Century Russia: A Case Study of an Orthodox Journalist A. Popovitsky”


Danielle Ross (Utah State University)

“Secularization or Religious Revival: Reconsidering Muslim Education Reform in 19th and early 20th-century Russia”


≪コメンテーター≫長縄宣博(北海道大学) / 倉田明子(東京外国語大学)


≪司会≫鶴見太郎(東京大学)


問い合わせ:tatsumi<あっと>tufs.ac.jp(巽)

共催:基盤研究(B)「ロシア・ウクライナ・ベラルーシの文学と社会に関する跨橋的研究」(代表:沼野恭子)

最新記事

すべて表示

2021年度大会について(2021/3/1)

2021 年度大会は 10月23・24日の両日、ZOOMを用いてオンラインで開催します。 「大会」ページに自由論題・パネルの応募用紙を掲載しました。

大会プログラム(2020/11/11)

大会が近づいてまいりましたので「お知らせ」欄にプログラムを掲載します。同一のものは「大会」欄にも掲載されています。 ロシア史研究会大会プログラム ​*「パネル」は会員からの応募、「共通論題」は委員会による企画です ​ 11月14日(土) ​ 10:00~12:00 <パネルA>「日ソ戦争:研究の新視点と新資料」 組織者:富田武(成蹊大学名誉教授) 花田智之(防衛研究所) 「日本の終戦とソ連の参戦:

ZOOM接続リハーサルを実施します(2020/11/3)

オンライン大会の開催が初めての試みであることに鑑み、 11月13日(金)15:00-15:30にzoom接続リハーサルを行います。 参加は任意ですが、必要な方はお気軽にご参加ください。 大会参加登録者に、12日までにお送りするzoomミーティングのリンクを 所定の時間にクリックすれば参加できます。 zoomのソフト、アプリ類をダウンロードする必要はありません。 zoomでの会議参加には、 カメラと