検索

2020/2/4 ディリャーラ・ウスマーノヴァ氏講演会

最終更新: 1月30日

このたび、ロシアのカザン連邦大学教授のディリャーラ・ウスマーノヴァ先生を招聘し、下記要領にて講演会を開催することとなりました。ユーラシアをまたぐタタール人の移動・移住と教育・文化活動に関する、興味深いテーマのお話になります。奮ってご参加いただければ幸いです。


会場設営等の事情により、ご出席を希望される方は、下記アドレスまでご連絡をいただければありがたく存じます。お手数をおかけして恐縮に存じますが、よろしくお願い申し上げます。


kaken.tatardiaspora [a] gmail.com

([a]の箇所に、かわりに@を入れて送信してください)


連絡係:新免康(中央大学文学部)・濱本真実(東洋文庫)


                   【記】


◆日時:2020年2月4日(火) 16:00~18:00


◆会場:公益財団法人東洋文庫・講演室(2F)

  住所:東京都文京区本駒込2-28-21

  アクセス:駒込駅(JR山手線・東京メトロ南北線2番出口)徒歩8分

  http://www.toyo-bunko.or.jp/about/access.html


◆プログラム


講演者:

ディリャーラ・ウスマーノヴァ(カザン連邦大学教授)


講演タイトル:

«Издание учебников и учебной литературы представителями тюрко-татарской

эмиграции Дальнего Востока и Синьцзяна в 1920-1940-х гг.: сравнительная

характеристика»

(極東・新疆へのテュルク・タタール系移住者による1920-40年代の教科書・教材の出版:比較評価)


※ロシア語でのご講演ですが、日本語通訳がつきます。


◆主催

・科研費・基盤研究(B)・研究課題「近現代中央ユーラシアにおけるタタール人ディアスポラと社会・文化変容」

・公益財団法人東洋文庫・中央アジア研究班「近現代中央ユーラシアにおける出版メディアと政治・社会運動」

・中央大学政策文化総合研究所プロジェクト・チーム「ユーラシアの変動と日本:移動・交流と社会文化変容」

最新記事

すべて表示

会員有志による日本学術会議任命拒否に対する声明(2020/10/20)

標記の件につき、本研究会の有志39名から以下の声明文の発表がありましたのでお知らせします。 ロシア史研究会会員の有志は、日本学術会議第 181 回総会において採択された「第25 期新規会員任命に関する要望書」(令和2年10月2日付)を支持し、菅総理大臣に対して、任命を拒否した6名につきその理由を明らかにすることとともに、推薦された会員候補全員の任命を速やかに行うことを求めます。

【重要】大会参加登録を開始しました(2020/10/15)

2020年度大会(11月14・15日)のオンライン参加登録を開始しました。 参加をご希望の方は、本サイトの「大会」ページに掲載された登録フォームより お申込みください。 今大会には、会員、非会員のいずれの方もご参加いただけます。

会誌とニューズレターを更新しました(2020/10/15)

『ロシア史研究』104号の目次と、ニューズレター119号のPDF版を掲載しました。 ニューズレターは、2020年度大会のプログラムと報告要旨を収録しています。 本サイトの「刊行物」ページからご覧ください。

​ロシア史研究会

Japanese society

for the Study of Russian History

〒183-8534

東京都府中市朝日町3-11-1

東京外国語大学 大学院総合国際学研究院

巽研究室気付

tatsumi/あっと/tufs.ac.jp (/あっと/を@に変換してください)

ロシア史研究会事務局

© 2018 by Japanese society for the study of Russian history