検索

シンポジウムのお知らせ

アイデンティティのカテゴリに注目しながらロシア・東欧からパレスチナ/イスラエルに連なる歴史を検証する国際会議が、来月の20-21日に、東京大学駒場Iキャンパス(数理科学研究科棟・井の頭線駒場東大前駅最寄)にて開催されます。


平日開催となりますが、1セッションだけでもご参加いただけましたら幸いです。懇親会*以外は事前申し込み不要ですが、ご参加いただける方で鶴見までご連絡いただけましたら、事前のペーパーについてご案内いたします。


詳細は以下のリンクをご覧ください。


https://www.tarotsurumi.com/2020-identitys-allies-and-labels


連絡先:鶴見太郎 shukran_afwan [at] hotmail.com


*懇親会ご参加の方は2週間前までにお申し込みください。


<プログラム>


January 20


10:00-10:10 Introduction


Taro Tsurumi


10:10-12:00 Session I - From Russia to Palestine Only Parts of the Program: On Zionism as a Personal Revolution/Brian Horowitz Categories of Experience and Projection: Pogroms, People, and State in the Russian Zionist Imagination/Taro Tsurumi January 20


13:30-15:20 Session II - Categories in New Regimes On the Origin of a Bio-Political Identity: Jews and Bolsheviks in the Russian Civil War/Elissa Bemporad From Jordanians to PLO Supporters: A Palestinian Alternative Identity/Hiroyuki Suzuki


15:45-17:35 Session III - The Local and the Translocal Entangled Litvak Jewry in a Time of Transition: Zalman Reyzen's Vision of Vilna as a Jewish Civil Society/Samuel Kassow Palestinian Popular Identities in Lifta: Oral Histories on a Destroyed Palestinian Village/Miyuki Kinjo


18:00-20:00 Reception


Open to anyone with registration in advance: mail me for registration



January 21


9:30-12:10 Session IV - In Search of Categories, or Out of Ones The National Boundaries of Citizenship in Mandate Palestine: Of Naturalization Applications and British Categorizations of ‘Former Ottomans’/Lauren Banko The Matter of Time: A Native’s Trajectory/Sherene Seikaly Labeling and Categorizing the Enemy: The PLO Research Center's Studies of Jews and Zionism/Jonathan Gribetz


13:30-15:20 Session V - Between the East and the West


Semitism: A Short History of a Controversial (Jewish) Concept/Hanan Harif Mapping the Categories: Neutral, Political, and Other Groupings Referenced in Life Story Narratives of Jewish Polish and Iraqi Women Who Immigrated to Israel in the 1950s/Aziza Khazzoom


15:35-17:30 General discussion/Every panelist and audience

最新記事

すべて表示

2021年度大会について(2021/3/1)

2021 年度大会は 10月23・24日の両日、ZOOMを用いてオンラインで開催します。 「大会」ページに自由論題・パネルの応募用紙を掲載しました。

大会プログラム(2020/11/11)

大会が近づいてまいりましたので「お知らせ」欄にプログラムを掲載します。同一のものは「大会」欄にも掲載されています。 ロシア史研究会大会プログラム ​*「パネル」は会員からの応募、「共通論題」は委員会による企画です ​ 11月14日(土) ​ 10:00~12:00 <パネルA>「日ソ戦争:研究の新視点と新資料」 組織者:富田武(成蹊大学名誉教授) 花田智之(防衛研究所) 「日本の終戦とソ連の参戦:

ZOOM接続リハーサルを実施します(2020/11/3)

オンライン大会の開催が初めての試みであることに鑑み、 11月13日(金)15:00-15:30にzoom接続リハーサルを行います。 参加は任意ですが、必要な方はお気軽にご参加ください。 大会参加登録者に、12日までにお送りするzoomミーティングのリンクを 所定の時間にクリックすれば参加できます。 zoomのソフト、アプリ類をダウンロードする必要はありません。 zoomでの会議参加には、 カメラと