top of page
検索

シンポジウム「ファシズム・ナチズム・スターリニズム――20世紀『非リベラル』諸体制の歴史的把握をめぐって」のご案内

2023年度 西洋史研究会大会共通論題企画

「ファシズム・ナチズム・スターリニズム――

 20世紀『非リベラル』諸体制の歴史的把握をめぐって」



日時:2023年11月19日(日)10:00~17:00(途中休憩あり)

形態:オンライン開催(ZOOM使用)


【司会・趣旨説明】

・浅岡善治(東北大学)


【基調報告】

・小山吉亮(神奈川大学)「イタリア・ファシズムと『不完全

な全体主義』――『現存した全体主義』の比較史のために」

・小野寺拓也(東京外国語大学)「『ファシスト・インターナ

ショナル』――グローバル・ヒストリーとしてのナチズム」

・立石洋子(同志社大学)「ロシアにおける全体主義論とファ

シズム論――スターリン体制の評価を中心に」


【コメンテータ】

・政治学の立場から:板橋拓己(東京大学)

・日本近現代史の立場から:高岡裕之(関西学院大学)


どなたでもご参加いただけますが(参加費無料)、11月13日

(月)までにGoogleフォームによる事前登録が必要です。仔細

は西洋史研究会HPをご覧ください:

最新記事

すべて表示

ハラスメント相談の運用内規を作成しました。

昨年11月に制定されたハラスメント防止ガイドラインに関連して、ハラスメント相談の運用内規を委員会で作成しました。「ロシア史研究会について」のなかの、「ロシア史研究会ハラスメント防止ガイドライン」の末尾に、運用内規へのリンクがはってあります。

Comments


bottom of page