検索

ウクライナ・ナショナリズムに関する研究会のお知らせ

最終更新: 2019年1月10日


【日程変更(3/9更新)】ウクライナ・ナショナリズムに関する研究会のお知らせ


以下の要領で、中央ヨーロッパ大学/ウクライナ・カトリック大学(リヴィウ)の

オスタプ・セレダさん (https://people.ceu.edu/ostap_sereda)を招いた研究会を行います。

ご関心のある方のご参加をお待ちしております。


1. ガリツィアにおける「他者」の創造/想像

★日時:3月16日(金)、16:00-18:00【日程変更しました】

場所:東京外国語大学本郷サテライト5F会議室

報告者:オスタプ・セレダ(Ostap Sereda、中央ヨーロッパ大学/ウクライナ・カトリック大学、リヴィウ)


論題: "Ruthenian (Ukrainian) ContestedIdentities and Public Self-Representation in the Cities ofAustrian Galicia (1860-70s)"

司会:篠原 琢


概要

The emerging urban public sphere providedin the 1860s and 70s various possibilities for elaboration of newmeanings of the traditional concepts of the Ruthenian identity and newvenues for debates between several competing groups of educatednational activists who promoted different concepts of self-identification:conservative 'old Ruthenian', Polish, Ukrainian andpan-Russian. The participation in such emerging public sphere was possiblenot only through practices of intellectual communication and reading, buteven more through public or semi-public performance. The detailedanalysis of newly emerging

tradition of Ruthenian balls and literaryevenings will demonstrate the role of various Ruthenian nationalprojects in Galician urban public space.


2.ウクライナ・ナショナリズムの成立

日時:3月14日(水)、16:00-18:00

場所:東京外国語大学府中キャンパス・海外事情研究所(427室)

報告者:オスタプ・セレダ(Ostap Sereda、中央ヨーロッパ大学/ウクライナ・カトリック大学、リヴィウ)

論題:"Intelligentsia and Peasantry inUkrainian National Project in the Long Nineteenth Century: the Rise ofNational Populism."

司会:篠原 琢


概要

Intelligentsia and peasantry weretraditionally seen as the two main social groups that definednineteenth-century Ukrainian national project. The interconnected formation andtransformation of the concepts of “intelligentsia” and“peasantry” in Ukraine will be

analyzed in connection with the emergenceof the specific Ukrainian version of East European peasant-orientedpopulism. The task of social emancipation and enlightenment of peasantrybecame central part of moral mission of the Ukrainianintelligentsia that viewed the

peasantry as a key social and culturalsymbol of the Ukrainian people/nation (narod). By the 1860s theUkrainian national populism (narodnytstvo/narodoliubstvo) became thedominant intellectual paradigm in the national project. It sharedmany important postulates with the Russian and also Polish varietiesof the populism, but eventually developed into a separatephenomenon.

最新記事

すべて表示

大会プログラム(2020/11/11)

大会が近づいてまいりましたので「お知らせ」欄にプログラムを掲載します。同一のものは「大会」欄にも掲載されています。 ロシア史研究会大会プログラム ​*「パネル」は会員からの応募、「共通論題」は委員会による企画です ​ 11月14日(土) ​ 10:00~12:00 <パネルA>「日ソ戦争:研究の新視点と新資料」 組織者:富田武(成蹊大学名誉教授) 花田智之(防衛研究所) 「日本の終戦とソ連の参戦:

ZOOM接続リハーサルを実施します(2020/11/3)

オンライン大会の開催が初めての試みであることに鑑み、 11月13日(金)15:00-15:30にzoom接続リハーサルを行います。 参加は任意ですが、必要な方はお気軽にご参加ください。 大会参加登録者に、12日までにお送りするzoomミーティングのリンクを 所定の時間にクリックすれば参加できます。 zoomのソフト、アプリ類をダウンロードする必要はありません。 zoomでの会議参加には、 カメラと

会員有志による日本学術会議任命拒否に対する声明(2020/10/20)

標記の件につき、本研究会の有志39名から以下の声明文の発表がありましたのでお知らせします。 ロシア史研究会会員の有志は、日本学術会議第 181 回総会において採択された「第25 期新規会員任命に関する要望書」(令和2年10月2日付)を支持し、菅総理大臣に対して、任命を拒否した6名につきその理由を明らかにすることとともに、推薦された会員候補全員の任命を速やかに行うことを求めます。

​ロシア史研究会

ロシア史研究会事務局

Japanese society

for the Study of Russian History

〒183-8534

東京都府中市朝日町3-11-1

東京外国語大学 大学院総合国際学研究院

巽研究室気付

tatsumi/あっと/tufs.ac.jp (/あっと/を@に変換してください)

© 2018 by Japanese society for the study of Russian history